for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ABB、EV充電事業の上場検討 第1四半期は34%増益

4月27日、スイス重電大手ABBは電気自動車(EV)の充電設備事業の上場を検討していると明らかにした。写真はAB Bのロゴ。チューリヒで2017年2月撮影(2021年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[チューリヒ 27日 ロイター] - スイス重電大手ABBは27日、電気自動車(EV)の充電設備事業の上場を検討していると明らかにした。第1・四半期決算は利益が34%増加し新型コロナウイルス危機前の水準を回復した。

ABBは、将来の新規株式公開(IPO)を見据えて電動事業のスピンオフ(分離・独立)に着手している。

ビョルン・ローゼングレン最高経営責任者(CEO)は「こうした措置が上場の可能性に向けた準備にもなり、この事業の成長加速と価値創出の基盤を作る」と述べた。

乗用車やバス向けに高速充電設備を製造する充電設備部門は、2020年の売上高は2億2000万ドルで、過去5年間、平均50%の伸びを記録している。

これまでに85カ国に40万台出荷。最大の市場は欧州(54%)で、次いで南北米州(29%)となっている。

第1・四半期決算は、純利益が前年比34%増の5億0200万ドルで、2019年第1・四半期の5億3500万ドルに近い水準となった。顧客が在庫を再構築したことが背景。売上高は11%増、営業利益率は13.5%で前年同期を上回った。

世界的な半導体不足の影響は受けなかったが、供給がタイトになったという。

第2・四半期については、受注と売上高が10%超増加、営業利益率を14%と予想した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up