Reuters logo
米ディズニー、「ピンクスライム肉」訴訟の和解金は1.7億ドル
2017年8月9日 / 07:03 / 3ヶ月後

米ディズニー、「ピンクスライム肉」訴訟の和解金は1.7億ドル

[9日 ロイター] - 米娯楽大手ウォルト・ディズニー(DIS.N)は、傘下のABCに対して食肉業者ビーフ・プロダクツ(BPI)が起こした訴訟で、BPIに1億7700万ドルの和解金を支払った。四半期決算報告で明らかになった。

 8月9日、米娯楽大手ウォルト・ディズニーは、傘下のABCに対して食肉業者ビーフ・プロダクツ(BPI)が起こした訴訟で、BPIに1億7700万ドルの和解金を支払った。四半期決算報告で明らかになった。写真はカリフォルニア州バーバンクで2014年2月撮影(2017年 ロイター/Mario Anzuoni)

BPIは2012年、ABCと同社記者がBPIの商品を「ピンクスライム肉(クズ肉)」という言葉で中傷したと主張。名誉毀損に当たるとして訴えた。ディズニーとBPIは今年6月に和解したが、和解の条件については明らかにしていなかった。

ディズニーは決算報告で、現金での支払いに追加の保険金を充てる意向を示した。決算では、1億7700万ドルについて「訴訟に関連した支払い」としており、「ピンクスライム肉」訴訟に直接紐付けられてはいないものの、ディズニーが報告書で明記している訴訟はBPIによるものしかない。

両社からのコメントは得られていない。

ABCは6月に発表した声明で、報道を支持すると主張。和解後、訴えられていた記者は同社として報道を撤回することも謝罪もしないと述べており、報道内容は現在も同社サイトに残っている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below