March 26, 2018 / 8:18 AM / a month ago

妻の名誉校長就任は学園信頼性のため、行政ねじ曲げはない=安倍首相

[東京 26日 ロイター] - 安倍晋三首相は26日午後に参院予算委員会で行われた財務省の決裁文書改ざん問題の集中審議で、昭恵夫人が学校法人森友学園の名誉校長を務めたことに対する行政への影響を問われ、学園の信頼性が高まるとの認識があり、自分もそう思うと説明する一方、行政がねじ曲げられたとは考えていないと答弁した。質問者は辰巳孝太郎委員(共産)。

 3月26日、安倍晋三首相は午後に参院予算委員会で行われた財務省の決裁文書改ざん問題の集中審議で、昭恵夫人が学校法人森友学園の名誉校長を務めたことに対する行政への影響を問われ、学園の信頼性が高まるとの認識があり、自分もそう思うと説明する一方、行政がねじ曲げられたとは考えていないと答弁した。写真は衆議院予算委員会で19日撮影(2018年 ロイター/ISSEI KATO)

首相は、昭恵夫人が森友学園が小学校を建設することを応援していた立場かと問われ、「妻は名誉校長を引き受けたわけで、そうなればいいと期待する立場だった」と答えた。ただ「その認可には関わっていない」と繰り返すとともに「他の役職もたくさん引き受けているが、(行政に)影響を及ぼすことはなかった」とした。

またその経緯について「一度名誉校長を引き受けることを断ったが、籠池氏がすでに名誉校長就任について紹介し、引き受けてもらわないと困ると言われた。そういう経緯を説明しないと積極的に引き受けたという印象になりかねない」と主張した。

昭恵氏自身が名誉校長を引き受ける際に、首相夫人としての影響力を理解していたのではないかと問われ、安倍首相は「こういう人が名誉校長になっていれば信頼性が上がる、あるいは他の多くの人も趣旨に賛同するかもしれないと理解したということ。私もそう思う。しかし同時に、行政がねじ曲げられる、行政そのものに影響を与えるとは考えていない」と説明した。

*カテゴリーを修正しました。

中川泉

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below