April 4, 2016 / 3:57 AM / 4 years ago

G7、世界の成長けん引を 日本の貢献見極めたい=安倍首相

 4月4日、安倍晋三首相は、政府与党連絡会議で、5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に関して「先進7カ国(G7)が世界経済の持続的かつ力強い成長をけん引しなければならない」との見方を示した。写真は都内で3月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 4日 ロイター] - 安倍晋三首相は4日の政府与党連絡会議で、5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に関して「先進7カ国(G7)が世界経済の持続的かつ力強い成長をけん引しなければならない」との見方を示した。メンバー国による政策協調が求められる中、日本としてどのような貢献をしていくべきか見極めていきたいと語った。

首相はまた、2016年度予算について「可能なものから前倒し実施するよう、明日の閣議において具体的な方針を示したい」とした。

5日から審議入りする環太平洋連携協定(TPP)をめぐっては、日本が率先して動き、早期発効に向けた機運を高めていく意向を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below