for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

首相、10万円給付へ補正組み替え指示 公明要請で方針転換=関係筋

 4月16日、安倍晋三首相は16日、新型コロナウイルス対策として全国民を対象とする一律10万円の現金支給を盛り込むため、来週審議予定の2020年度補正予算を組み替えるよう、岸田文雄政調会長に指示した。写真は7日都内での代表撮影(2020年/ロイター)

[東京 16日 ロイター] - 安倍晋三首相は16日、新型コロナウイルス対策として全国民を対象とする一律10万円の現金支給を盛り込むため、来週審議予定の2020年度補正予算を組み替えるよう、岸田文雄政調会長に指示した。与党関係者が明らかにした。

すでに閣議決定した予算案を組み替えるのは異例だが、公明党の強い要請を受けた格好だ。公明党は新型コロナ対策として当初より一律10万円の支給を求めていたが、政府はリーマン・ショック後の現金給付が効果的ではなかったとの判断から、所得が急減した世帯のみを対象に30万円を支給する方針を決めていた。補正組み替えにより、30万円の給付は取り下げられることになる。

公明党は時間のかかる対象を絞り込んだ30万円支給よりも、早期の一律支給が急務として補正予算の組み替えを自民党側に強く求め、山口那津男代表が安倍首相に直接要請。補正予算の審議日程を詰める16日の衆院予算委員会理事懇談会も欠席していた。

NHKは16日夕、10万円の給付に関して、安倍首相が所得制限を設けず一律給付する考えを公明党の山口代表に伝えたと報じている。

*内容を追加しました。

竹本能文

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up