October 2, 2018 / 10:26 AM / 14 days ago

初閣議で補正編成指示へ、「全員野球内閣」と安倍首相

[東京 2日 ロイター] - 安倍晋三首相は2日、豪雨被害からの復旧・復興に向けて2018年度補正予算案を編成する意向を示した。第4次安倍改造内閣発足後、官邸内で「初閣議で編成を指示する」と記者団に語った。改造内閣について首相は「あすの時代を切り開くための全員野球内閣」との認識も併せて示した。

 10月2日、安倍晋三首相は、豪雨被害からの復旧・復興に向けて2018年度補正予算案を編成する意向を示した(2018年 ロイター/Issei Kato)

安倍首相は会見の冒頭、西日本豪雨被害や北海道地震などを念頭に「自然災害が相次いだ。新しい体制で一丸となって復旧・復興をさらに加速させる」と強調した。

秋の臨時国会にブロック塀の安全対策や小中学校へのエアコン設置も盛り込んだ補正予算の編成を急ぐほか、「防災・減災、国土強靭(じん)化の緊急対策を講じていく」と述べ、石井啓一国土交通相に取りまとめを指示する考えも示した。

内閣改造について首相は「新しい国造りのスタートを切る」「これまでの経済・外交政策を安定感を持って継続したい」と意義を強調した。その上で「最大の課題は国難とも言える少子高齢化。すべての世代が安心できる社会保障制度改革進める」と語った。

幼児教育の無償化など柱に「子育て世代に大胆に投資していく」ことも併せて示した。デフレからの脱却に関しては「(麻生太郎財務相に)完全脱却を目指して全力投球していただく」と述べた。

党役員人事に関しては「党4役は全力投球するための土台中の土台」と語った。憲法改正については下村博文・憲法改正推進本部長のもとで議論を深めるとともに、公明党にも丁寧な説明が必要との認識を示し、「風雪に耐えてきた信頼関係の中で真摯(し)に議論することが大切」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below