January 23, 2020 / 8:10 AM / a month ago

信を問うべき時、解散・総選挙躊躇せず=憲法改正で安倍首相

 1月23日、安倍晋三首相(写真)は衆院代表質問で、衆院解散について「現時点で頭の片隅にもないが、信を問うべきときには躊躇(ちゅうちょ)しない」と述べた。写真は20日撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 23日 ロイター] - 安倍晋三首相は23日午後の衆院代表質問で、衆院解散について「現時点で頭の片隅にもないが、信を問うべきときには躊躇(ちゅうちょ)しない」と述べた。日本維新の会の馬場伸幸幹事長への答弁。

馬場氏は「今国会で国民投票法改正案を成立させることに指導力を発揮すると約束できるか、改憲論議が停滞するなら衆院を解散する覚悟はあるか」と質問した。

安倍首相は「憲法改正の国民的な意識は高まっており、与野党の枠を超えた改憲論議の展開に期待している」と発言。「これまで2度衆院を解散し、国民に信を問うことで幼児教育の無償化など大きな改革を実現してきた。現時点では解散は頭の片隅にもないが、今後も政治を前に進めていく上で、信を問うべきときが来たと考えれば、解散・総選挙を断行することに躊躇しない」と語った。

竹本能文

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below