October 4, 2019 / 5:42 AM / 16 days ago

憲法改正「しっかり議論、国民への責任果たす」=安倍首相・所信表明演説

[東京 4日 ロイター] - 第200回国会(臨時国会)が4日召集され、安倍晋三首相は同日午後衆院で所信表明演説を行った。憲法改正に関連し、憲法審査会で議論することで「しっかりと議論していく。国民への責任を果たそうではないか」と呼びかけ、改正への強い意志を示した。今月実施された消費増税に関して、必要なら経済対策を講じる姿勢を改めて示した一方、教育無償化など全世代型社会保障改革を進めること強調し、増税に対する理解を求めた。

 10月4日、第200回国会(臨時国会)が召集され、安倍晋三首相(写真)は同日午後衆院で所信表明演説を行った。9月に首相官邸で撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

首相は100年前のパリ講和会議で日本が掲げた「人種平等」が、いま国際社会の基本原則となっていると述べたうえで「今を生きる私たちもまた、令和の新しい時代、その先の未来を見据えながら、この国の目指す形、理想をしっかり掲げるべき時」と指摘。「その道しるべは憲法だ。令和の時代に、日本がどのような国を目指すのか。その理想を議論すべき場こそ、憲法審査会だ」と述べた。1月の施政方針演説では「国会の憲法審査会の場において、各党の議論が深められることを期待する」と述べていたのと比べ、踏み込んだ表現となっている。

演説の冒頭では、5月に即位された天皇陛下の即位礼正殿の儀など各式典がつつがなく行われるよう、内閣を挙げて準備を進めると誓った。

消費税に関連して「今月、3歳から5歳までの全ての子供たちの幼児教育、保育の無償化が実現した」と述べ、増税により可能となった社会保障政策の意義を強調。「最大の挑戦は、急速に進む少子高齢化」と述べた。

その上で社会保障制度改革に「果敢に挑戦する」と強調。7月の参院選でれいわ新選組から初当選した難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)患者の船後靖彦議員を「友人」として紹介し、当選に祝意を示すと同時に、「障害や難病のある人も、いきいきと活躍できる令和の時代を作り上げる」とした。

懸念される消費税引き上げの影響に関しては「引き続き十分に目配りしていく」と強調し、経済の「下振れリスクが顕在化する場合には、ちゅうちょすることなく、機動的かつ万全の対策を講じ、経済の成長軌道を確かなものとする」との従来見解を繰り返した。同時に6月の20カ国・地域(G20)大阪サミットで「下方リスクから守るため、全ての政策手段を用いることを再確認した」ことにも触れた。

日米通商協定の合意を踏まえ「農家の不安にしっかり向き合い、生産基盤の強化など十分な対策を講じる」とした。

「ベトナムやシンガポールで日本の粉ミルクが人気」であることを取り上げ、「農林水産物の輸出をさらに加速する」と強調した。

北朝鮮に関しては「拉致問題の解決に向けて、私自身が、条件を付けずに、金正恩委員長と向き合う決意」との従来見解に加え、「冷静な分析の上に、あらゆるチャンスを逃すことなく、果断に行動する」と強い姿勢を示した。

中国との関係では「日中新時代を切り拓く」「来年の桜の咲く頃に、習近平国家主席を国賓として迎え、日中関係を新たな段階へ押し上げていく」との意欲を改めて示した。

関係が悪化している韓国について「重要な隣国」としつつ、徴用工問題を念頭に「国際法に基づき、国と国との約束を順守することを求めたい」とした。

竹本能文

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below