November 6, 2019 / 4:55 AM / 7 days ago

任命した2閣僚が相次いで辞任、責任を痛感=安倍首相

安倍晋三首相は6日、経済産業相と法相の辞任に関して「責任を痛感している」と陳謝した。写真はバンコクで4日撮影(2019年 ロイター/Soe Zeya Tun)

[東京 6日 ロイター] - 安倍晋三首相は6日の衆院予算委員会集中審議で、菅原一秀・前経済産業相と河井克行・前法相の辞任に関して「私が任命した大臣が相次いで辞任し、国民の皆様に申し訳ない。任命した者として、その責任を痛感している」と陳謝した。坂本哲志委員(自民)への答弁。

首相は「国政に遅滞が生じることなく行政を前に進めることで国民への責任を果たして行く」と述べた。辞任閣僚に対して「政治活動は一人ひとりの政治家が説明責任を果たすべきもの」と指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below