for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

年金積立、短期的に振れ幅大きくなったの事実=安倍首相

 1月12日、安倍晋三首相は午後の衆院予算委員会で、国民年金と厚生年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が株式運用比率を高めた影響について、「短期的に市場の影響で損益の振れ幅が大きくなったのは事実」と指摘した。都内で4日撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 12日 ロイター] - 安倍晋三首相は12日午後の衆院予算委員会で、国民年金と厚生年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が株式運用比率を高めた影響について、「短期的に市場の影響で損益の振れ幅が大きくなったのは事実」と指摘した。一方で、長期的には年金給付額が下振れるリスクは小さくなったと述べた。井坂信彦委員(民主・維新・無所属クラブ)への答弁。

竹本能文※

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up