March 28, 2018 / 9:06 AM / 6 months ago

日銀による外債購入、慎重に考えるべき=安倍首相

[東京 28日 ロイター] - 安倍晋三首相は28日、参議院財政金融委員会で、金融緩和手段としての日銀による外債購入について、為替介入と誤解されかねず、慎重に考えるべきとの見解を示した。

 3月28日、安倍晋三首相は、金融緩和手段としての日銀による外債購入について、為替介入と誤解されかねず、慎重に考えるべきとの見解を示した。日銀本店、昨年9月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

黒田東彦日銀総裁も、外債購入をしなければならない状況ではないと語った。渡辺喜美委員(無所属)への答弁。

安倍首相は、金融政策手段は日銀に委ねられているとしながらも、外債購入は「諸外国からみて、かたちを変えた為替介入と誤解されないかなどの論点がある」とし、「慎重に考えるべき問題である」との考えを示した。

そのうえで、日銀に対して「引き続き経済・物価情勢を踏まえつつ、物価安定目標の実現に向けて努力されることを期待している」と要請した。

黒田総裁は、日本の物価について「現状やや弱めの動きが続いている」ものの、「2%の物価安定目標に向けたモメンタムはしっかり維持されており、目標実現の道筋を歩んでいる」と言明。

そうした中での金融政策運営は「現在の強力な金融緩和を粘り強く続けていくことが必要」と強調した。現在の長短金利操作付き量的・質的金融緩和は「持続性の高い枠組み」とし、「金融緩和を推進していく上で、米国債を購入しなければならない状況にはまったくない」との認識を示した。

伊藤純夫

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below