Reuters logo
安倍首相、夫人が大阪の小学校の名誉校長を辞任 名前使われ遺憾
2017年2月24日 / 01:49 / 9ヶ月後

安倍首相、夫人が大阪の小学校の名誉校長を辞任 名前使われ遺憾

[東京 24日 ロイター] - 安倍晋三首相は24日、午前の衆院予算委員会で、昭恵夫人が、国有地の払い下げ価格を巡り問題になっている大阪市の学校法人「森友学園」が開校を予定している小学校の名誉校長を辞任したと明らかにした。

 2月24日、安倍晋三首相は午前の衆院予算委員会で、昭恵夫人が、国有地の払い下げ価格を巡り問題になっている大阪市の学校法人「森友学園」が開校を予定している小学校の名誉校長を辞任したと明らかにした。 写真は1月国会で撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

問題になっているのは、大阪市の学校法人「森友学園」が小学校建設用地として、2016年、大阪府豊中市の国有地を評価額より大幅に安く購入した事案。

安倍晋三首相の妻・昭恵さんが、4月に開設予定の同小学校の名誉校長を務めていた。

この土地は、不動産鑑定士の査定では9億5600万円の評価額だったが、工事着工後、地下からごみが見つかったとして、国は撤去費用として8億1900万円を見積もり、これを差し引きした1億3400万円で学園に売却した。

安倍首相は予算委で民進党の福島伸享委員の質問に対し「妻としては自分が名誉校長を引き受けていることにより、子供たちやご両親にご迷惑をかけ続けることになるので、辞任をさせて頂くということを先方に申し入れた」と述べた。

また同学園が安倍首相の名前を使った基金で寄付を集めていたことについても質問され、「何度も断ったにもかかわらず、寄付金集めに名前を使われていることは本当に遺憾であり、抗議をした」と答えた。

民進党は、今後もこの問題で安倍首相の責任を追及していく構え。玉木雄一郎幹事長代理は委員会後の会見で、土地代金が評価額を大幅に下回っていたことに加え、1億3400万円の支払いが10年の分割払いとなっていたことを指摘、「いったい誰がこのような、過去に例のない唯一無二のスキームを作ったのかが問題だ」と述べた。

首相は17日の衆院予算委で「私や妻は学校の認可や国有地の払い下げに一切関与していない。関与していたら総理大臣も国会議員も辞める」と述べていた。

*内容を追加しました。

宮崎亜巳

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below