September 25, 2015 / 10:43 AM / 4 years ago

「1億総活躍」担当相新設へ、海外訪問後に内閣改造=安倍首相

 9月25日、安倍首相は、アベノミクス「第2ステージ」を成功に導くために提唱した「1億総活躍社会」の実現に向け、担当大臣と国民会議を新設する方針を明らかにした(2015年 ロイター/ISSEI KATO)

[東京 25日 ロイター] - 安倍晋三首相は25日、官邸での記者会見で、アベノミクス「第2ステージ」を成功に導くために提唱した「1億総活躍社会」の実現に向け、担当大臣と国民会議を新設する方針を明らかにした。内閣改造は、米ニューヨークでの国連総会などから帰国した後に行う考え。

安倍首相は新たな「3本の矢」の政策をめぐり、名目国内総生産(GDP)を600兆円に増やす目標などを打ち出した。高い経済成長の継続が前提とされる目標の達成は「一朝一夕には成し得ない」と認める一方、雇用・所得環境の改善で個人消費を拡大させる道筋をあらためて示した。

景気の現状は一部に弱い動きが見られるものの、補正予算による経済対策の策定は「現時点で考えていない」と明言。経済動向を注視し、機動的な経済財政運営によって万全を期すと語った。

一方、安全保障関連法の成立をめぐっては、「戦後70年守り続けてきた不戦の誓いをより確かなものにできた」とし、同法が野党が批判したような「戦争法案」であれば世界中から反対の声が寄せられているはずだと指摘した。今後も国民に対し、丁寧に説明する努力を続けると表明した。

今月30日からは、環太平洋連携協定(TPP)の大筋合意を目指し、米アトランタで閣僚会合が行われる。安倍首相は「交渉は最後が一番難しい」としたうえで、「これで最後の閣僚会合にしたい」との考えを示した。TPPを含め、投資や人材を日本に呼び込む政策を進める方針だ。

*内容を追加します。

梅川崇 編集:田巻一彦 橋本俊樹

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below