January 24, 2018 / 2:00 AM / a month ago

安倍首相、平昌五輪の開会式出席を表明

[東京 24日 ロイター] - 安倍晋三首相は24日、韓国・平昌で2月9日に開かれる冬季五輪の開会式に出席する意向を表明した。

慰安婦問題を巡る韓国側の強硬姿勢を受け、政府・与党内には当初、首相出席に対する慎重論もあったが、米国のペンス副大統領が出席を決めたほか、他の主要国からも首脳クラスの参加が見込まれるため、安倍首相の出席を決断したとみられる。

安倍首相は24日午前、首相官邸で記者団に対し、2020年の東京五輪を前に同じアジアで開催される平昌五輪への出席を決め「選手団を激励したい」と述べた。

同時に、慰安婦問題に関する日韓合意は変更しないとの日本の立場を、日韓首脳会談で「しっかり伝えたい」と語った。

さらに北朝鮮に対する日米韓の連携と最大限に高めた圧力を維持していく必要性を韓国側に伝えたいとした。

安倍首相は、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領から平昌五輪への招待を受けたが、日本政府はすでに鈴木俊一五輪担当相と林芳正文科相の出席を予定していた。文政権は、2015年12月の日韓合意を巡り、合意自体の見直しは求めないものの、日本側に自発的な対応を求めており「首脳クラスが訪問できる状況ではない」(与党関係者)との声もあった。

一方、2018年1月に入り、平昌五輪を契機として朝鮮半島の南北融和ムードが進展。開会式では南北統一チームでの入場行進も決まった。

さらにペンス副大統領の出席決定や、日本選手による過去最多のメダル獲得の可能性も出てきている中で、二階俊博幹事長や公明党の山口那津男代表ら与党幹部からも安倍首相の出席を促す発言が出ていた。

今回の首相出席に関し、政府としては「慰安婦問題とは切り分ける」(政府高官)という決断をしたもようだ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below