Reuters logo
安倍首相、トヨタ社長と会談 貿易摩擦回避へ対応協議
2017年2月3日 / 12:31 / 9ヶ月後

安倍首相、トヨタ社長と会談 貿易摩擦回避へ対応協議

[東京 3日 ロイター] - 安倍晋三首相は3日夜、都内のホテルでトヨタ自動車の豊田章男社長と会談した。今月10日の日米首脳会談を前に、対日貿易批判を続ける米トランプ政権への対応策を協議し、日米の貿易摩擦を回避する狙いもあるとみられる。

 2月3日、安倍晋三首相は、都内のホテルでトヨタ自動車の豊田章男社長(写真)と会談した。2016年10月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

安倍首相とトヨタ社長の会談は同日午後6時40分すぎから始まった。首相が離席する場面もあったが、協議は食事を交わしながら2時間弱に及んだもようだ。菅義偉官房長官も同席した。

会談では、対日貿易赤字への不満を表明しているトランプ政権にどう対応するか協議。豊田社長は会合後、記者団に「日ごろの御礼と足元の情勢を交換した。いい話だった」と述べた。

トランプ米大統領は就任前の1月にトヨタのメキシコ新工場建設を批判したうえ、就任後も、対日貿易赤字を抱える現状に不快感を示している。

ただ、トランプ氏がやり玉に挙げる自動車貿易では日本車に2.5%の関税がかかっているのに対し、日本は米国車に関税をかけておらず、現状認識のずれも少なくない。

日本側は、米国経済へのこれまでの貢献を説明するとともに、米国での雇用創出を柱とする「日米成長雇用イニシアチブ」を首脳会談で示すなどし、日米間の経済対話を深めたい考えだ。

竹本能文、田実直美、梅川崇 編集;山口貴也

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below