Reuters logo
日米首脳が電話会談、「最大限の軍事力で守る」とトランプ氏
April 5, 2017 / 10:54 PM / in 8 months

日米首脳が電話会談、「最大限の軍事力で守る」とトランプ氏

[東京 6日 ロイター] - 日米両首脳は6日、北朝鮮による前日の弾道ミサイル発射を受けて電話で会談した。トランプ大統領は「最大限の軍事力で米国と同盟国を守る」と表明。両首脳は中国の関与が重要であるとの認識で一致し、安倍晋三首相は6日からの米中首脳会談について「中国がどう対応するか注目している」と伝えた。

 4月6日、日米両首脳は、北朝鮮による前日の弾道ミサイル発射を受けて電話で会談した。2月に米フロリダで撮影(2017年 ロイター/Carlos Barria)

ホワイトハウスによると、会談でトランプ大統領は同盟国である日本と韓国を支えることを強調した。その上で「抑止力を強化し続け、米国と同盟国を最大限の軍事力で守る」と語った。

トランプ政権は過去20年間の北朝鮮政策が失敗だったとしており、あらゆる選択肢を排除しない方針を表明している。トランプ氏は今回も同様の認識を示したとみられ、安倍首相は会談後に記者団に対し、「トランプ大統領からは、全ての選択肢がテーブルの上にあるとの力強い発言があった」と明らかにした。

日本側の説明によると、両首脳は北朝鮮問題で中国が果たす役割が重要との考えでも一致した。 6─7日に米国で開かれる米中首脳会談では、トランプ大統領が中国の習近平国家主席に対し、北朝鮮に影響力を行使するよう迫るとみられている。中国は2月に北朝鮮からの石炭輸入を停止したが、日本政府関係者によると、 両首脳は不十分との問題意識を共有した。

両首脳の電話会談は午前6時33分から約35分間行われ、北朝鮮の核・ミサイル開発が安全保障上の重大な脅威であるとの認識で一致した。韓国を含めた3カ国が緊密に連携することも確認した。

*内容を追加しました。

山口貴也、久保信博

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below