May 6, 2019 / 4:34 PM / 2 months ago

日米首脳、朝鮮半島の非核化へ対応協議 飛翔体は「専門家で分析」

 5月6日、安倍晋三首相はトランプ米大統領と電話会談し、朝鮮半島の非核化に向けて「日米が完全に一致して対応していくことで認識をひとつにした」ことを明らかにした。ワシントンで4月撮影(2019年 ロイター/KEVIN LAMARQUE)

[東京 6日 ロイター] - 安倍晋三首相は、6日夜にトランプ米大統領と電話会談し、朝鮮半島の非核化に向けて「日米が完全に一致して対応していくことで認識をひとつにした」ことを明らかにした。北朝鮮が発射した飛翔体について「日米の専門家で協力して分析していく」との考えも併せて示した。日米首脳電話会談後、首相公邸で記者団に語った。

安倍首相はトランプ大統領との電話会談で、北朝鮮問題に関し「今後の対応の綿密なすり合わせを行った」と述べた。

その上で首相は「朝鮮半島の完全な非核化の速やかな実現を目指すことでトランプ大統領と完全に一致した」と言及。国際社会と連携し、「地域の平和と安定のため、積極的な役割を果たしていく」との考えをあらためて示した。

拉致問題の解決に向けては「あらゆるチャンスを逃さない」との考えを重ねて示した。北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との日朝首脳会談に関し、安倍首相は「条件を付けずに向き合わなければならない」との選択肢も示した。

トランプ米大統領は安倍首相との電話会談後、「北朝鮮と貿易について話した」とツイッターに書き込んだが、首相は、貿易協議に関しては言及しなかった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below