June 12, 2018 / 9:37 AM / 9 days ago

トランプ大統領の拉致問題提起に感謝=安倍首相

[東京 12日 ロイター] - 安倍晋三首相は12日、米朝首脳会談とその後のトランプ大統領の記者会見を受けて首相官邸で記者会見し、トランプ大統領のリーダーシップに敬意を表し、拉致問題を提起したことに感謝の意を表明した。拉致問題の解決に向け日朝2国間の交渉に改めて強い意思を示した。

 6月12日、安倍晋三首相は、米朝首脳会談とその後のトランプ大統領の記者会見を受けて首相官邸で記者会見し、トランプ大統領のリーダーシップに敬意を表し、拉致問題を提起したことに感謝の意を表明した。官邸で撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

安倍首相は「今日の米朝首脳会談に至るまでのトランプ大統領のリーダーシップと努力に対し心から敬意を表したい」としたうえで、「今回の米朝首脳会談において朝鮮半島の完全な非核化に向けた金正恩委員長の意思を改めて文書のかたちで確認した。北朝鮮をめぐる諸懸案の包括的な解決に向けた一歩と支持する」と評価した

そして「日本にとって重要な拉致問題について、先般、トランプ大統領に私から話したことを、しっかりと言及して頂いたことを高く評価する。トランプ大統領に感謝したい」と述べた。

「詳細については トランプ大統領と電話で、話をしてうかがいたい。今後も拉致、核、ミサイルといった北朝鮮をめぐる諸懸案について、解決を目指して、日米、日米韓、中国、ロシア、国際社会としっかり連携しながら全力を尽くしていきたい」と述べた。また、「拉致問題については、日本が直接しっかりと北朝鮮と向き合い2国間で解決していかなければならないと決意している」との考えを示した。

竹本能文

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below