for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ABNアムロ、第4四半期は純利益が予想下回る 低金利や減損増加で

 2月12日、オランダの銀行大手ABNアムロが発表した2019年第4・四半期決算は、金利収入の減少や減損額の増加が響き、純利益がアナリスト予想を下回った。写真はアムステルダムで昨年5月撮影(2020年 ロイター/Piroschka Van De Wouw)

[アムステルダム 12日 ロイター] - オランダの銀行大手ABNアムロABNd.ASが12日発表した2019年第4・四半期決算は、金利収入の減少や減損額の増加が響き、純利益がアナリスト予想を下回った。

第4・四半期の純利益は3億1600万ユーロ(3億4480万ドル)。同社が実施したアナリスト調査での予想平均は4億2900万ユーロだった。

減損額は51%増の3億1400万ユーロ。法人部門による海外エネルギー業界向け融資の減損処理などが重しとなった。

ABNアムロは2018年に法人融資の減損がかさんだことを受け、海外のエネルギー、ダイヤモンド、海運業界の取引やコモディティーファイナンスを制限した。

しかし、キース・ファンダイクハウゼン最高経営責任者(CEO)は「今年、事業を再び見直す必要がある」と述べ、一段の措置がおそらく必要との見方を示した。

オランダ検察当局が昨年9月に開始したマネーロンダリング(資金洗浄)疑惑を巡る調査の最新状況は明らかにしなかった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up