for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米FTC、マイクロソフトのゲーム大手買収阻止へ提訴か 米報道

[23日 ロイター] - 米連邦取引委員会(FTC)は、米マイクロソフトによる米ゲーム大手、アクティビジョン・ブリザードの690億ドルの買収が反トラスト法(独占禁止法)に違反するとして、差し止めを求めて提訴する公算が大きい。米政治サイトのポリティコが23日報じた。

報道によると、提訴はまだ確定していないが、この案件を審査しているFTCスタッフは両社の主張に懐疑的な見方をしているという。

マイクロソフトは1月に、人気ゲーム「コール・オブ・デューティ」や「キャンディ・クラッシュ」で知られるアクティビジョンの買収を発表した。

アクティビジョンの広報担当者は買収を進めるために世界各地の規制当局と協力を続ける意向だが、必要となれば争うと表明。買収取引が反競争的な影響をもたらすという指摘は「全くばかげている」と強調した。

欧州連合(EU)の欧州委員会も今月、同買収計画について、競争法に基づく本格的な調査の開始を発表した。買収によるゲーム市場への影響を懸念している。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up