for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ADB、今年のアジア新興国成長率は0.1%と予想 約60年ぶり低水準

 6月18日、アジア開発銀行(ADB)は、今年のアジア新興国・地域の成長率見通しを、1961年以来約60年ぶりの低水準となる0.1%に引き下げた。写真はベトナムで2018年12月撮影(2020年 ロイター/KHAM)

[マニラ 18日 ロイター] - アジア開発銀行(ADB)は18日、今年のアジア新興国・地域の成長率見通しを、1961年以来約60年ぶりの低水準となる0.1%に引き下げた。4月時点では2.2%を予想していた。新型コロナウイルス流行に伴うロックダウン(都市封鎖)が経済活動に及ぼす影響を反映させた。

来年のアジア新興国の経済成長率見通しは6.2%で維持した。

ADBのチーフエコノミスト、澤田康幸氏は「ロックダウンはゆっくりと緩和され、一部の経済活動は『新常態』で再開しているが、今年のアジア太平洋地域の経済は引き続きCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響が続く」との見通しを示している。

また「2021年の高い成長率予想は、今年の弱い数字と比較することが主な原因であり、V字型回復にはならない」と指摘。政府が新型コロナが経済に与える影響に対策を講じ、さらなる感染を阻止すべきと強調した。

ADBの今年の中国経済の成長率見通しは1.8%で、2.3%から引き下げられた。最近の米中関係の悪化はさらなる下振れリスクとみている。

今年のアジア新興国・地域のインフレ率予想は2.9%で、4月時点の3.2%から下方修正された。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up