for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アブダビ国営石油、掘削子会社のIPO検討 年内目指す=関係筋

 4月8日、アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ国営石油会社(ADNOC)が、掘削子会社ADNOCドリリングをアブダビ証券取引所に新規上場させることを検討していることが分かった。事情に詳しい3人の関係筋が明らかにした。写真はADNOC本社、アブダビで2019年5月撮影(2021年 ロイター/Christopher Pike)

[ドバイ 8日 ロイター] - アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ国営石油会社(ADNOC)が、掘削子会社ADNOCドリリングをアブダビ証券取引所で新規株式公開(IPO)させることを検討していることが分かった。事情に詳しい3人の関係筋が明らかにした。

ADNOCによると、同掘削会社は中東で最大規模という。

関係筋によると、ADNOCはIPOについて、複数の銀行と協議。2人の関係筋は、ADNOCが年内のIPO実現を目指していると説明した。協議は初期段階だが、IPOの規模は10億ドルを超える見通しだと述べた。ADNOCはコメントを控えている。

今回のIPO計画が進展すれば、ADNOCによるアブダビ証券取引所での子会社上場は2度目となる。ADNOCは2017年末に、ADNOCディストリビューションを上場し、31億ディルハム(8億4400万ドル)の資金を調達した。

ADNOCドリリングのウェブサイトによると、同社は陸上リグ75基、沖合ジャッキアップ・リグ20基、油井掘削リグ11基など大型リグを所有しており、運営も手掛けている。

掘削事業は、ADNOCの上流部門にとって重要事業であり、生産目標達成の手助けになる。

ADNOCのジャベル最高経営責任者(CEO)は昨年6月、4年前に事業転換戦略に着手したと説明。より速やかに市場変化に順応できるようになったとし、今後も戦略投資家と連携し、外国資本を呼び込み、資源からもたらされる価値を最大化していくと明らかにしていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up