for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米ADP民間雇用者数、2月は予想上回る21.4万人増

 3月2日、2月のADP全米雇用報告によると、民間部門雇用者数は21万4000人増加した。写真はワシントンで開催された就職フェアの様子。(2016年 ロイター/Gary Cameron)

[ニューヨーク 2日 ロイター] - 企業向け給与計算サービスのオートマチック・データ・プロセッシング(ADP)とムーディーズ・アナリティクスが発表した、2月の全米雇用報告によると、民間部門雇用者数は21万4000人増加した。

ロイターがまとめた市場予想は19万人増を上回った。市場混乱や世界景気鈍化への懸念が広がる中、雇用が堅調に伸びたことをうかがわせた。

1月分は当初の20万5000人増から19万3000人増に下方修正された。

ムーディーズ・アナリティクスの首席エコノミスト、マーク・ザンディ氏は記者団との電話会見で「依然として相当強い内容だ。雇用市場はとても健全だ」と指摘。雇用者数が増え続ければ、年央までに完全雇用を達成すると見通した。

ADPによると、懸念すべき兆候も存在する。

製造業雇用者数は9000人減と、過去5年間で2番目に大きな落ち込みとなった。金融部門は8000人増と、2015年8月以来の低水準だった。

米労働省は4日、2月の雇用統計を公表する。ロイターがまとめたエコノミスト予想は、非農業部門雇用者数が19万人増、失業率は横ばいの4.9%を見込む。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up