July 30, 2018 / 8:34 AM / 2 months ago

新型イージス艦が進水、自衛隊初の「共同交戦能力」

[東京 30日 ロイター] - 海上自衛隊は30日、米軍を含めた味方の艦艇や航空機と敵の位置情報を共有できる新型イージス艦の進水式を行った。自艦のレーダーが捕捉できない遠方から飛来するミサイルなどを早い段階で迎撃できるようになり、防空範囲が広がる。

新型艦は「まや」と命名。この日は神奈川県横浜市にあるジャパンマリンユナイテッドの造船所で、初めて海に浮かべる進水式を行った。就役は2020年を予定している。まもなく改修を終える2隻と合わせ、弾道ミサイル防衛能力を持つ海自のイージス艦は7隻となる。

「まや」は海自艦で初めて「共同交戦能力」(CEC)を搭載した。あらゆる装備をネットワークで結び、それぞれが捉えた敵の目標情報を共有する仕組みで、海上の艦艇では捕捉できない水平線以遠の敵ミサイルも、味方の航空機のレーダーがつかんだ情報をもとに迎撃できるようになる。

米軍はイージス艦や早期警戒機にこの仕組みを導入済み。自衛隊は「まや」に続き、21年に就役予定の8隻目のイージス艦にも搭載する。航空自衛隊の早期警戒機「E2D」への搭載も検討している。中国が弾道ミサイルや巡航ミサイル、ステルス戦闘機などあらゆる航空戦力を増強する中、防空態勢を強化する。

久保信博

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below