for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

カブールで爆弾爆発、標的の副大統領は無事 タリバンは関与否定

スライドショー ( 5枚の画像 )

[カブール 9日 ロイター] - アフガニスタンの首都カブールで9日午前、サレー第1副大統領を標的にしたとみられる道路沿いの爆弾が爆発、副大統領は無事だったが、少なくとも6人が死亡した。反政府武装勢力、タリバンは関与を否定した。

サレー氏の事務所の報道官はフェイスブックで「アフガニスタンの敵がきょう再び、サレー氏に危害を加えようとした。しかしサレー氏は無傷で攻撃から逃れた」と述べた。

報道官は、ロイターに対し、爆弾はサレー氏の車列を標的にしたもので、複数の護衛官が負傷したと語った。

保健省の報道官によると、爆発で少なくとも6人が死亡、12人が負傷した。

アフガン政府とタリバンは近くカタールの首都ドーハで和平協議を行うことになっている。

タリバンの報道官は、タリバン兵士は爆発に関与していないとツイッターに投稿した。

政府の安全保障会議の報道官は「このような攻撃があっても、アフガンの持続的、尊厳ある平和への決意が揺らぐことはない」と述べた。

欧州連合(EU)やパキスタンなど、国際社会は攻撃を非難する声明を出した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up