for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米大統領、撤退の正当性主張 アフガン政府・軍を非難

[ワシントン 16日 ロイター] - バイデン米大統領は16日、ホワイトハウスで演説し、アフガニスタンからの米軍撤退を決めた自身の決定を「断固として支持する」と述べて正当性を主張した。首都カブールが混乱している光景は米国の力の限界を印象付け、バイデン氏を大統領就任以来の危機に陥らせている。

タリバンが首都カブールを制圧して以降、バイデン大統領が公の場で発言するのは初めて。

バイデン氏は国を脱出したアフガン政府指導部のほか、タリバンと積極的に戦わなかったアフガン軍を非難した。タリバン指導者に対しては、米軍の撤退を妨げる場合は圧倒的な力で対応すると警告した。

米軍撤退については「自分自身の決定を断固として支持する」と強調した。ただ、タリバンによる制圧が想定したよりも早かったことも認めた。

「事態は予想外に急展開した。一体何が起きたのか。アフガニスタンの政治指導者たちは諦め、国外に脱出した。アフガニスタン軍も諦め、時に戦うこともしなかった」と述べ、政府と軍を非難した。

また、タリバンが軍事的に2001年以来、最も強力な地位を築くまで勢力拡大を容認したとしてトランプ前大統領の責任も追及した。

その上で、かなり前に終わらせるべきだった戦争のために米軍兵士の命をリスクにさらし続けないようにするとのコミットメントに基づき、駐留米軍撤退を決定したとし、ベトナム戦争のような事態をアフガニスタンで繰り返さないと述べた。

今回、バイデン大統領はアフガニスタンからの駐留米軍撤退を始めた後に国民の退避支援で数千人の兵士を再派遣するなど、撤退計画の混乱で批判を受けている。

だが、多くの米国民はアフガニスタンからの米軍撤退を支持しており、バイデン大統領が今回の決定で直面する政治的リスクはまだはっきりしない。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up