for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アフガン元大統領、政権崩壊を謝罪 多額の現金持ち出しは否定

[8日 ロイター] - イスラム主義組織タリバンの政権掌握を受け、アフガニスタンを出国したガニ元大統領は8日、アフガン市民に突然の政権崩壊を謝罪した。

ガニ氏はツイッターに声明を投稿し、自身がとどまれば、1990年代の内戦時に起きた市街戦状態に陥るリスクがあるという警備隊の忠告を受け、アフガンから退避したと説明。「首都カブールを去ることは人生で最も厳しい決断だった」としつつも、「カブールと600万人の市民を守る唯一の方策だったと確信している」と述べた。

ガニ氏がアフガン出国に際し、数百万ドルの現金を持ち去ったという報道については、「完全かつ絶対的な虚偽」と否定した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up