for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アフガン北部で爆発、「イスラム国」が犯行声明 11人死亡

アフガニスタン北部マザリシャリフにあるイスラム教シーア派のモスク(礼拝所)で21日、爆発があり、少なくとも11人が死亡した。写真は爆発で負傷した男性。4月21日、マザーリシャリーフで撮影(2022年 ロイター)

[カブール 21日 ロイター] - アフガニスタン北部マザリシャリフにあるイスラム教シーア派のモスク(礼拝所)で21日、爆発があり、少なくとも11人が死亡した。保健当局が明らかにした。過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出した。

アフガン各地ではこのところ爆発が相次いでおり、北部クンドゥズで起きた爆発でも少なくとも11人の死傷者が出たことが、地元保健当局の話で明らかになった。ISはこの爆発についても、通信アプリ「テレグラム」で犯行声明を出した。

2日前には首都カブールのシーア派が多く住む地域にある高校が爆弾攻撃で大破し、少なくとも6人が死亡した。

アフガンでシーア派は少数派で、ISを含むスンニ派武装集団の標的にされることが頻繁にある。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up