for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

カブールの主要在外公館、タリバンに攻撃停止訴え

 7月19日、日米欧などアフガニスタンの主要在外公館と北大西洋条約機構(NATO)の代表は、アフガンの反政府武装勢力タリバンに対し攻撃の停止を訴えた。写真はカブールの警察官。13日撮影(2021年 ロイター/Mohammad Ismail)

[カブール 19日 ロイター] - 日米欧などアフガニスタンの主要在外公館と北大西洋条約機構(NATO)の代表は19日、アフガンの反政府武装勢力タリバンに対し攻撃の停止を訴えた。

タリバンとアフガン政府の代表は先週末、カタールの首都ドーハで停戦交渉を行ったが物別れに終わった。

15カ国とNATOなどの代表は20日のイスラム教の「イードアルアドハー(犠牲祭)」を前に「タリバンは永久に武器を捨て、和平プロセスへの取り組みを世界に示すべきだ」との共同声明を発表した。

タリバンは過去数年間、犠牲祭の際に一時的な停戦を呼び掛けてきたが、今回はそうした発表なない。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up