for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米、タリバン政権との会合キャンセル、女子通学再開の延期受け

米政府が、アフガニスタンのイスラム主義組織タリバン暫定政権との会合を直前になって取りやめたことが分かった。米当局者が25日、明らかにした。写真は自宅で本を読むアフガニスタンの女子生徒。3月23日、カブールで撮影(2022年 ロイター/Charlotte Greenfield)

[カブール/ワシントン 25日 ロイター] - 米政府が、アフガニスタンのイスラム主義組織タリバン暫定政権との会合を直前になって取りやめたことが分かった。米当局者が25日、明らかにした。

タリバン政権の教育省は23日、この日から予定されていた中等教育の女子生徒通学再開を延期すると発表し、国際社会から非難の声が上がっていた。

米国務省の報道官はロイターに対し、タリバンの決定はアフガニスタン国民や国際社会との約束を覆すもので、深い失望を感じるとコメント。「ドーハで予定されていた会議を含め、われわれの関与を一部キャンセルし、今回の決定が米国の関与にとって転換点になる可能性があることを明確にした」と述べた。

事情に詳しい関係者3人によると、米・タリバン間の会合はカタールの首都ドーハで25日から行われる会議に合わせて開かれる予定だった。会合には国連や世界銀行の代表者も参加することになっていたという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up