for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米軍、カブール空港で群衆整理のため発砲 負傷者なし=国防総省

8月18日、米国防総省のカービー報道官は、アフガニスタンから退避する人で混雑するカブールの空港で、警備にあたっている米軍が群衆整理のために発砲したが、負傷者などは出ていないと明らかにした。写真は同日、銃声に反応するカブールの空港付近の群衆(2021年 ロイター)

[ワシントン 18日 ロイター] - 米国防総省のカービー報道官は18日、アフガニスタンから退避する人で混雑するカブールの空港で、警備にあたっている米軍が群衆整理のために発砲したが、負傷者などは出ていないと明らかにした。

カービー報道官は記者会見で、米軍はアフガニスタン人やその他の人に対して発砲していないと述べた。

同報道官によると、18日時点でカブールの国際空港に約4500人の米兵が配備されており、向こう24時間で数百人が新たに配備される。

これとは別にタリバン当局者はロイターに対し、カブール空港で群衆を退去させるためにタリバン兵が空に向けて発砲していると明らかにした。同当局者は「誰も傷付ける意図はない」としている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up