March 27, 2019 / 12:59 AM / 3 months ago

アフリカ南部襲来のサイクロン、気候変動の警鐘=国連事務総長

 3月26日、国連のグテレス事務総長は、今月14日にモザンビークを襲い185万人の被災者を出したサイクロンについて、気候変動の「新たな警鐘」を鳴らすものとなったと述べた。食料支援物資を届ける南アフリカ国防軍。モザンビークのベイラ近郊で撮影(2019年 ロイター/SIPHIWE SIBEKO)

[ベイラ(モザンビーク) 26日 ロイター] - 国連のグテレス事務総長は26日、今月14日にモザンビークを襲い185万人の被災者を出したサイクロンについて、気候変動の「新たな警鐘」を鳴らすものとなったと述べた。

事務総長は、国連で記者団に、このサイクロンは「異常に猛烈で長引く嵐となった」と指摘。「少なくとも100万人の子どもが緊急の支援を必要としており、その数は膨らむ可能性がある。われわれがまだ到達していない地域では、複数の村が丸ごと流されている恐れがある」と述べた。

さらに、このサイクロンは「気候変動の危険性を知らせる新たな警鐘だ」と強調した。

サイクロンは近隣のジンバブエとマラウイにも到達し、モザンビークと合わせて少なくとも686人が死亡している。最も被害が甚大だったモザンビークでは、家屋数万戸が倒壊、数十万人が住居を失っている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below