for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

豪アフターペイ、米上場を検討 1─3月期は大幅増収

[20日 ロイター] - 豪アフターペイは20日、米国市場への上場を検討していると明らかにした。ただ、具体的な時期は明らかにしていない。同日発表した第3・四半期(1─3月)の売上高は2倍以上に拡大し、市場予想を上回った。

同社は、メルボルンに本社を置き、後払い決済サービスを提供するフィンテック企業。直近の推計企業価値は365億1000万豪ドル(283億3000万米ドル)。ここ1年で豪州で最も価値のある株式トップ20にランクインした。

米市場に上場した場合、豪市場との二重上場になるかは明らかにしていない。「米上場に関する取締役会のスケジュールは決まっていない。上場は市場の状況や米取引所の承認、上場要件を満たせるかなどに左右される」と説明している。

アクティブユーザーは12月末時点から約11%増加し、1460万人に達した。北米の伸びが最大だった。

第3・四半期の決済額は52億豪ドルに増加。積極的なマーケティング戦略や新型コロナ禍のオンライン販売の好調を背景に、北米部門が大きく伸びた。

北米では、アファーム・ホールディングスやジップなどと競合する。先月には欧州の一部地域でサービスを開始。アジア進出も計画している。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up