for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国農業銀行と中国銀行、上期は大幅増益 不良債権比率は横ばい

[北京/上海 30日 ロイター] - 中国農業銀行と中国銀行が30日発表した上期決算は、純利益がともに大幅に増加した。不良債権比率は横ばいだった。

中国農業銀行は12.4%の増益、中国銀行は11.8%の増益。それぞれ2014年、2013年以降で最大の増益となった。新型コロナウイルス禍から経済活動が回復したことが寄与した。

中国工商銀行、交通銀行、中国建設銀行が27日発表した上期決算も、すべて9%以上の増益となった。

中国銀行の6月末時点の不良債権比率は1.3%で、3月末時点から変わらず。中国農業銀行の不良債権比率は1.5%で、3月末時点の1.53%からやや低下した。

銀行の収益性を測る指標として注目される純金利マージンは、中国銀行が6月末時点で1.76%と、3月末時点の1.8%から低下。中国農業銀行は純金利マージンを公表しなかった。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up