Reuters logo
エアアジア機のデータレコーダー回収、着水前爆発で見方二分
2015年1月12日 / 14:22 / 3年後

エアアジア機のデータレコーダー回収、着水前爆発で見方二分

[パンカランブン(インドネシア)/ジャカルタ 12日 ロイター] - インドネシア沖で墜落したエアアジア(AIRA.KL)機の捜索で、同国海軍のダイバーらは12日、機体残骸からブラックボックスの一部、フライトデータレコーダーを回収した。レコーダーはジャカルタに運び、分析を行う。

 1月12日、エアアジア機捜索でインドネシア海軍のダイバーらがフライトデータレコーダーを回収した。写真はパンカランブン空軍基地で12日撮影(2015年 ロイター/Antara Foto/Prasetyo Utomo)

捜索救助庁のスリスティヨ長官らが明らかにした。

同庁の担当者によると、コックピットボイスレコーダーを搭載した別のブラックボックスは、13日に回収するという。

今回の墜落では、着水前に機体が爆発したかをめぐって当局者間で見方が分かれている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below