June 11, 2019 / 5:58 AM / 9 days ago

マオリ族社員の入れ墨、NZ航空が禁止規定を撤廃へ

 NZ航空は、マオリ族の社員が目に見える部分に入れている入れ墨の禁止は差別だとの批判を受け、禁止規定を廃止することを明らかにした。写真はNZ航空機。シドニーの空港で2018年2月撮影(2019年 ロイター/Daniel Munoz)

[ウェリントン 10日 ロイター] - ニュージーランド(NZ)航空は、マオリ族の社員が目に見える部分に入れている入れ墨の禁止は差別だとの批判を受け、禁止規定を廃止することを明らかにした。

マオリ族の伝統を持つNZ人の中には、家系を示す文様や、神聖な文様の入れ墨を顔や腕に入れているケースがある。だが、NZ航空の規定では長い間、こういった人が客室乗務員などの職務に応募することが制限されており、人権団体などから差別的だとの批判が出ていた。

同社のクリストファー・ルクソン最高経営責任者(CEO)は、この方針は撤回され、攻撃的でない入れ墨は認められるだろうと説明。

「過去5カ月間、国内外の顧客や当社社員と話をしたところ、わが国では特に文化的・個人的表現の手段として、入れ墨が受け入れられつつあることが明らかになった」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below