Reuters logo
欧州各国がエアバスに圧力、軍用輸送機の納入遅れで
2016年6月12日 / 22:46 / 1年後

欧州各国がエアバスに圧力、軍用輸送機の納入遅れで

[パリ 10日 ロイター] - 欧州航空機大手エアバス(AIR.PA)の軍用輸送機「A400M」の納入が遅れている問題で、フランスやその他欧州各国政府から性能と納期の約束を守るよう、エアバスに対する圧力があらためて高まっている。だが関係筋によると、納期の順守は厳しくなりつつある。

 6月10日、欧州航空機大手エアバスの軍用輸送機「A400M」(写真)の納入が遅れている問題で、フランスやその他欧州各国政府から性能と納期の約束を守るよう、エアバスに対する圧力があらためて高まっている。パリ近郊で2015年6月撮影(2016年 ロイター/Pascal Rossignol)

この関係者によれば、仏政府は書簡でエアバスに対し、イタリアのメーカーが製造したギアボックスや他の性能面の問題が年内に解決するかどうか回答するよう迫った。しかしエアバスは確約することを拒んだという。

サブサハラ(サハラ砂漠以南のアフリカ)やイラクでの運用が緊急に必要となる中、仏政府は(1)20時間飛行するごとに検査が必要なギアボックス(2)不完全な防御システム(3)一部の落下傘作戦の制限―─という三つの大きな問題に懸念を募らせている。

エアバスがこれらの問題を解決できるかとの質問に対して、ある関係者は「すぐにはできない。特に年末までという要求された時間内にはできない」と認めた。

A400Mはフランスのみならず、ベルギー、英国、ドイツ、ルクセンブルク、スペイン、トルコの北大西洋条約機構(NATO)加盟国7カ国から受注された。 ドイツのフォンデアライエン国防相は先週、同国はA400Mの納入遅れに対して補償を求める権利を行使すると明言。また、他の輸送機を購入する必要が出てくる可能性があるとの見方を示した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below