April 2, 2019 / 5:33 PM / 2 months ago

中国のエアバス機購入契約、公表済み案件含む=関係筋

 4月2日、中国の習近平国家主席が訪仏時に結んだ欧州航空機大手エアバスの航空機300機購入契約に、すでに合意済みの分や中国規制当局が事前承認したものの手続き未了の案件が含まれていることが分かった。パリで3月に代表撮影(2019年 ロイター)

[パリ 2日 ロイター] - 中国の習近平国家主席が訪仏時に結んだ欧州航空機大手エアバス(AIR.PA)の航空機300機購入契約に、すでに合意済みの分や、中国規制当局が事前承認したものの手続き未了の案件が含まれていることが、関係筋2人の話で分かった。

カタログ価格で約350億ドル相当とされた合意について、同筋は新規事業分は少ないとの見方を示した。四川航空が購入するとすでに公表した「A350」10機も合意に含むと明かした。

中国は2017年11月、トランプ大統領の北京訪問時にボーイングへの300機発注を公表した。エアバスの購入契約機数について、同筋は政治的配慮などが背景にあったと指摘する。

エアバスは受注の詳細についてコメントを控えたが、総数に大幅なギャップを含む可能性を否定しなかった。

合意について、同社広報担当者は「注文が既存のものであれ将来のものであれ、中国の航空各社が注文する機体の承認枠組みを形成するもの」との認識を示した。

ロイターの報道を受け、エアバスの株価は2日の取引で0.7%下落した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below