for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州エアバス、2年連続で航空機納入数世界トップになる見通し

 12月22日、欧州航空機大手エアバスは、2020年の航空機合計納入数が2年連続で世界トップになる見通しだ。仏ナントで7月2日撮影(2020年 ロイター/Stephane Mahe)

[パリ 22日 ロイター] - 欧州航空機大手エアバスは、2020年の航空機合計納入数が2年連続で世界トップになる見通しだ。新型コロナウイルスのパンデミックによる影響で、前年比35%減少するものの、11月末段階でライバルの米ボーイングに圧倒的な差をつけており、首位の座は揺るぎそうにない。

今週段階でエアバスの納入数は520機を超えており、業界関係者は最終的に550-560機に達すると予想している。1-11月の納入実績は477機。同じ期間のボーイングは118機だった。

超大型旅客機「A380」の納入も再開し、今月に入ってエミレーツ航空に2機引き渡されたもようだ。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up