Reuters logo
パリの博物館に超大型機A380寄贈、来年から展示へ
2017年2月15日 / 06:35 / 9ヶ月後

パリの博物館に超大型機A380寄贈、来年から展示へ

[パリ 14日 ロイター] - フランスのル・ブルジェ航空宇宙博物館に14日、エアバス製の超大型機A380の飛行試験機が寄贈された。ボーイング747型機などとともに展示される。

 2月14日、フランスのル・ブルジェ航空宇宙博物館に、エアバス製の超大型機A380の飛行試験機が寄贈された。来年から一般向けに展示される。写真は2009年6月撮影(2017年 ロイター/Pascal Rossignol)

この試験機は製造4機目のもので、2005年に2機目として実際に運行した。

エアバスが博物館に試験機を寄贈するのは初めて。同機は、展示に向けて数カ月かけて改装を行う技術者ら50人を乗せ、トゥールーズからル・ブルジェに到着。2018年に展示が始まる。

A380型機は、エコノミー仕様で最大853人の輸送が可能な世界最大級のジャンボ機。就航から10年にも満たないが、当初の期待通りの成果は得られておらず、より小型のジェット機へと需要がシフトしている。

A380型機の将来性を疑問視する声も強まっているが、エアバスは、同機にはまだ将来があるとし、展示と今後の展開の関係を否定した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below