November 8, 2019 / 1:38 AM / 5 days ago

エアバス、10月の受注機数は415機 ボーイングとの差拡大

 11月7日、欧州航空・防衛最大手エアバスによると、10月の受注機数は415機だった。写真はフランス・トゥールーズで撮影されたエアバスのロゴ。3月20日撮影(2019年 ロイター/Regis Duvignau)

[パリ 7日 ロイター] - 欧州航空・防衛最大手エアバス(AIR.PA)によると、10月の受注機数は415機だった。旅客機「737MAX」の運行停止問題が痛手となっているライバルの米ボーイング(BA.N)に対するリードが広がった。

エアバスの1─10月の累計受注機数は718機で、キャンセル分を除いた純受注機数は542機となった。同社は先週、インドの格安航空会社インディゴから、1社から受注した契約としては過去最大の300機を受注したと発表した。

一方、ボーイングの1─9月の累計受注機数は170機で、純受注機数は54機だった。

エアバスは先週、年間目標納入機数を2─3%下方修正して860機とした。1─10月の納入機数は648機だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below