January 10, 2020 / 10:18 PM / 7 months ago

エアバスの純受注機数、19年は3%増 納入機数の伸びには届かず

10日、欧州航空機大手エアバスが発表した2019年の純受注機数は3%増の768機だった。ただ納入機数の伸びには届かなかった。写真はエアバスの航空機。2019年9月撮影(2020年 ロイター/Regis Duvignau)

[パリ 10日 ロイター] - 欧州航空機大手エアバス(AIR.PA)が発表した2019年の純受注機数は3%増の768機だった。ただ納入機数の伸びには届かなかった。

総受注機数は36%増の1131機と、増加率は過去6年間で最高。昨年末に長距離旅客機「A330ネオ」40機を受注した。

納入機数は7.9%増の863機だった。

ロイターは1日、関係筋の話として、エアバスが19年の納入機数で米ボーイング(BA.N)を上回り、2011年以来の世界首位になったと報じた。

ボーイングは14日に納入機数などを発表する予定。

エアバスの出荷受注比率は0.89と、09年の金融危機以来の最低水準となった。主力機「A320」シリーズの19年の納入機数は640機以上だった。

20年の見通しは1月末の通期決算発表時に公表する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below