for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

エアバスの2019年通期決算は赤字、和解費用が響く

2月13日、欧州の航空機大手エアバスが発表した2019年の通期決算は、純損益が13億6200万ユーロ(14億8000万ドル)の赤字に転落した。仏トゥールーズ近郊で開かれた記者会見で撮影(2020年 ロイター/Regis Duvignau)

[トゥールーズ(フランス) 13日 ロイター] - 欧州の航空機大手エアバスAIR.PAが13日発表した2019年の通期決算は、純損益が13億6200万ユーロ(14億8000万ドル)の赤字に転落した。汚職疑惑を巡り、英米仏の検察当局と40億ドルの和解金の支払いで合意したことが響く。

一方、エアバスは2020年に営業利益を増やし、商用ジェット機880機の納入を目指すと表明した。

和解費用やその他の一時的項目を除く通期の調整済み営業利益は前年比19%増の69億4600万ユーロ。2020年には75億ドルを上回るとの見通しを示した。

売上高は11%増の704億7800万ユーロ。

ギョーム・フォーリー最高経営責任者(CEO)はエアバスの業績について「主に商用機の納入がけん引し、基礎的に強い」とのコメントを発表。エアバスグループが2020年に業務効率やコストの改善に注力するとともに「企業文化を強化する」方針も明らかにした。

新型コロナウイルスの感染拡大について、エアバスは大きな影響を受けることはないとの見通しを示した。

同時に発表した第4・四半期の調整済み営業利益は9%減の28億1300万ユーロ。同社がまとめたアナリスト予想の27億3600万ユーロを上回った。売上高は4%増の243億1000万ユーロ。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up