for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州エアバス、キャッシュフロー予測を上方修正 ドル高で

 10月28日、欧州エアバスは、ドル高を理由に今年のフリーキャッシュフローの予測を上方修正した。写真はエアバスのロゴ。フランスのブラニャックで2019年2月撮影(2022年 ロイター/Regis Duvignau)

[パリ 28日 ロイター] - 欧州エアバスは、ドル高を理由に今年のフリーキャッシュフローの予測を上方修正した。

引き渡しと生産の目標も据え置いた。新型機「A321XLR」の就航を延期する方針も示した。

第3・四半期の調整後営業利益は26%増の8億3600万ユーロ(8億3450万ドル)。売上高は27%増の133億0900万ユーロ。ドル高などが寄与した。

同社がまとめた市場予想は、それぞれ8億8700万ユーロ、128億4800万ユーロだった。

今年のフリーキャッシュフロー(合併・買収とカスタマーファイナンスを除く)予測は10億ユーロ引き上げ45億ユーロとした。引き渡し目標700機など、他の年間目標は据え置いた。

単通路・長距離仕様の新型機A321XLRについては、就航時期を2024年初頭から24年第2・四半期に延期した。新たな燃料タンクの認証を巡る問題が浮上している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up