September 27, 2018 / 4:46 AM / a month ago

「世界最大」の模型飛行機コレクション、収集家が空港に寄贈

[シャノン(アイルランド) 25日 ロイター] - 航空機を愛するアイルランド人男性マイケル・ケリーさん(67)が、50年以上かけて集めた航空機プラモデルのコレクションを、シャノン空港に寄贈した。

 9月25日、航空機を愛するアイルランド人男性マイケル・ケリーさん(67)が、世界最大規模と自称する50年以上かけて集めた航空機プラモデルのコレクションを、シャノン空港に寄贈した(2018年 ロイター/Clodagh Kilcoyne)

個人収集としては世界最大規模と自称する。ケリーさんは少年時代、近所にあったシャノン空港で航空機の離発着を夢中で見ていた経験があり、同空港はケリーさんの航空機愛発祥の地といえる。

ケリーさんは、コレクションが陳列されている空港の新ギャラリーでテープカットに臨んだ後、「リムリック市の自宅上空を飛行する航空機の音が大好きで、とても興味を引かれた」と述懐。「初聖体の日に両親にシャノン空港へ連れていってほしいと頼んだ。そこで美しい飛行機を見て、その日以来とりこになった」と語った。

ケリーさんはパイロットになる機会に恵まれたが、個人的に世界中を回ってプラモデルを購入。2300点のコレクションはすべて、アイルランド国外で製造されている。

シャノン空港の運行責任者は、「これは、(ケリーさん)の60年にわたる仕事の証だと思う。今後100年以上にわたって彼のコレクションの保管をわれわれに託してもらえて光栄だ」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below