Reuters logo
各国航空会社がウクライナ上空の飛行回避、マレーシア機墜落で
2014年7月18日 / 05:03 / 3年後

各国航空会社がウクライナ上空の飛行回避、マレーシア機墜落で

[シンガポール/北京/香港/ワシントン 18日 ロイター] - マレーシア航空旅客機の墜落事故を受け、ウクライナ上空の飛行を回避する動きが航空各社の間で広がっている。シンガポール航空(SIAL.SI)の広報担当者は、ウクライナ上空を通過しないよう、事故以降に自社の航空便のルートを変更したことを明らかにした。

新華社によると、中国では民間航空当局が18日、ウクライナ上空を通過する航空便を運航する国内航空各社に対し、同国東部上空を回避するよう命じた。

中国東方航空600115.ss0670.hkの広報担当者は、上海発ローマ行きの国際便について、ウクライナ上空を通過しないようなルートに変更したと明らかにした。

米連邦航空局(FAA)は17日夜、ウクライナ東部上空を米民間機の飛行禁止空域に指定。クリミアに加えて黒海・アゾフ海の隣接地域の上空は既に飛行禁止空域に指定されており、その範囲を拡大した。

オーストラリアの航空大手カンタス航空(QAN.AX)や韓国の航空大手2社などは、ウクライナと親ロシア派分離主義勢力の対立激化を背景に、数カ月前からウクライナ上空を通過する航空便のルート変更を実施していた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below