for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

曙ブレーキが私的整理、金融機関に支援要請

 1月30日、曙ブレーキ工業は私的整理の一種である事業再生ADR(裁判以外の紛争解決)制度の利用を申請したと発表。都内で23日撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[東京 30日 ロイター] - 曙ブレーキ工業7238.Tは30日、私的整理の一種である事業再生ADR(裁判以外の紛争解決)制度の利用を申請したと発表した。

組織の抜本改革・生産性改善を通じた北米事業の立て直しを図ったものの、取引先の自動車メーカーの次期モデルの受注を逃すなど課題が生じたとしている。

発表によると、2月12日開催予定の第1回債権者会議で全ての取引金融機関に対し、事業再生計画案の概要説明するという。

一方、日本経済新聞は、取引金融機関に金融支援を要請し、筆頭株主のトヨタ自動車7203.Tに増資引き受けなどの支援を打診したと報じた。曙ブレーキ工業の広報担当者は同日、内容は事実だと確認。

ただトヨタ自動車は、曙ブレーキ7238.Tから「(増資支援の)要請は現時点で受けていない」(広報担当者)とコメントした。

*情報を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up