February 14, 2018 / 9:43 AM / 6 months ago

五輪=渡部暁斗が2大会連続銀メダル、ノルディック複合NH

[14日 ロイター] - 平昌冬季五輪は14日、ノルディックスキー複合の男子ノーマルヒル個人を行い、渡部暁斗が2大会連続銀メダルを獲得した。

 2月14日、平昌冬季五輪、ノルディックスキー複合の男子ノーマルヒル個人で渡部暁斗(右)が2大会連続銀メダルを獲得した。ドイツのエリック・フレンツェル(中央)が2連覇(2018年 ロイター/Carlos Barria)

渡部は前半飛躍(ヒルサイズ=HS109メートル)で105.5メートルの3位。後半距離(10キロ)はトップと28秒差でスタートし、中盤に追いついて先頭グループを形成して争ったが、ゴール手前で引き離されトップと4.8秒差でゴールした。

渡部善斗は12位、永井秀昭は14位、山元豪は33位だった。

ドイツのエリック・フレンツェルが金メダルに輝いた。銅メダルはオーストリアのルーカス・クラプファー。

2連覇を果たしたフレンツェルは試合後、「最後の1周の最後の上りで猛烈にプッシュをかけるつもりで臨み、それが先頭でゴールする唯一の方法だった。きょうの勝利にとても満足している」と述べた。

*内容を追加しました。

 2月14日、平昌冬季五輪はノルディックスキー複合の男子ノーマルヒル個人を行い、渡部暁斗が銀メダルを獲得した(2018年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below