February 27, 2020 / 3:34 AM / in a month

F1=アルファロメオのクビツァが最速タイム、合同テスト

 自動車レースF1は26日、プレシーズンの合同テストを行い、アルファロメオのリザーブドライバー、ロベルト・クビツァが最速タイムをマークした。写真はクビツァの運転するマシン。19日にバルセロナで撮影(2020年 ロイター/Albert Gea)

[26日 ロイター] - 自動車レースF1は26日、プレシーズンの合同テストを行い、アルファロメオのリザーブドライバー、ロベルト・クビツァ(ポーランド)が最速タイムをマークした。

フェラーリエンジンを搭載しているアルファロメオでC5コンパウンドのタイヤで走ったクビツァは、1分16秒942をマーク。2番手はレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(オランダ)で1分17秒347だった。

フェラーリ勢はセバスチャン・フェテル(ドイツ)が84周して10位タイム、シャルル・ルクレール(モナコ)が80周して13位タイムだった。フェテルは「やるべきことがたくさんあると思う。現時点から改善できることは理解していると思うから、時が経てば分かるだろう」と話した。

また、今季に通算7回目の個人総合優勝を狙うメルセデスのルイス・ハミルトン(英国)は、新たな空力パーツを導入しての走行で7位。「良いセッションになっているし、テスト2週目の良いスタートになっている」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below