April 2, 2019 / 11:59 PM / 22 days ago

アルジェリア大統領が辞任、20年の長期政権に終幕

4月2日、アルジェリアのブーテフリカ大統領(写真)が辞任した。3月11日に放映された、アルジェで行われた軍部との会議映像より。アルジェリアンTV提供(2019年 ロイター)

[アルジェ 2日 ロイター] - アルジェリアのブーテフリカ大統領(82歳)が2日、辞任した。大統領の再選に反対して6週間にわたって続いたデモと軍部の圧力に屈する形となり、20年間におよぶ長期政権が終結した。

ブーテフリカ氏は1999年に同国で初めて選挙によって選ばれた大統領となり、20万人が犠牲になったとされるイスラム教国戦線(FIS)の武装組織との内戦を終息させた。だが、その後も国内には汚職がはびこり、経済は縁故主義によって悪化したと批判されている。

反政府デモを受けて軍部は当初、静観していたが、その後は軍の機関誌で国民と見解を共有していると表明するなど、徐々にブーテフリカ政権への圧力を強めた。さらに軍幹部は先週、大統領を弾劾する憲法の条項を発動することを提案した。

ブーテフリカ氏は書簡で辞任の理由について「現在の論争に終止符を打つため」と説明。「国家機関の存続に必要な適切な措置を取った」と付け加えた。

同氏は1日、大統領としての任期が切れる4月28日よりも前に辞任する意向を表明、国家の安定へ向けた措置を講じる方針を示したが、これを受けて、新たな政治制度の導入を求める学生の抗議活動が起きた。

ブーテフリカ氏の辞任により、上院のベンサラー議長が大統領選までの90日間、暫定的に大統領を務める。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below